私の、初めてのスト即

(んー、今日は誰にしようかなぁ……)


ぽちぽち。



俺は、また風ゾクのページを見ていた。
日記に乗っけてある写メを遡り、かわいい子をさがす。


(……よし!この子しよう。かわいいし!)



プルルル



「あ、もしもし?御堂筋です。ギャルちゃんで予約したんですけど、いけますか?……はい。大丈夫です。いつものとこです。待ってます~~」



お金をテーブルの上に置き、お風呂に入り、歯をみがき、掃除機をかける。乾かしてあった食器も片付ける。



このいつくるか?どんな子がくるか?の瞬間はいつもドキドキだ。


ぴんぽーん



がちゃ



御堂筋「いらっしゃいーーー(うわ、めっちゃかわええやん!!!!)」


ギャル子「初めまして。ギャル子です~」


御堂筋「さ、入って入ってー。なんか飲みます??」

ギャル子「え?いんですか??じゃあ、お茶で!」



そんなこんなで、プレイの時間に。



過去に一回大当たりした天使ちゃんは、もう御用達のサイトにはいなかった。

天使ちゃんはかわいくて、身体も綺麗過ぎて、触るのがもったいないくらいの、宝石みたいな女の子だった。

ただ、どんな宝石にも傷はついているのか……



【天使ちゃんには、リスカの後があった。】



風ゾクだし、あまり気にしていなかったが、やはり目にはついた。

もちろん、デリなので本番も出来なかった。







どうか、ギャルちゃんは完璧な宝石でありますように……



…………



ギャルちゃんという名の宝石には、刺青と、手首から腕までびっしりのリスカという名の傷があった。



顔はかわいいのだ。






俺は、手でも昇天出来なかった。












風ゾクを呼ぶくらいだから、本番が出来るならしたい。キスだって思う存分したい。時間も気にしないでしたい。


自由がいいのだ。その場だけでもいいから、お金の関係じゃない、愛あるエッチがしたいのだ。。。



風ゾクでは無理だ。わかってる。あくまで俺は、"お客様"



色々な女の子だっている。事情だってあるはずさ。


リスカだって、刺青だって、かわいくなくたっていいじゃないか。お店だもの。


















でも、俺の求めるものとは、違った。









昔から、少しナンパはしてた。


しかし、勇気を出して声をかけてみるものの、てんでだめ。素人も素人。声かけ数も少ない。


声かけが増えてきても、友達と適当に声をかけるだけ。



その日に会って、その日にするなんて、夢のまた夢だと思ってた。



そりゃあ、俺だって合コン後に何回か即ったことはあるけど、それはお酒も入ってるし、友達の友達というフィールドの上だ。





全くの他人同士が、ストリートで声かけて、エッチできるのか?








「ナンパ え○ち その日」


とか調べても、掲示板のものが、でてくるだけで、参考にはならない。嘘くさいし。



m_i_x_iのコミュニティで「ナンパ」と調べても、いまいち。










ふと、友人が、大学のレポートを書くときに、よく

「調べてるもの ブログ」


と検索かけるのを思い出した。俺はそこで、


「ナんパ ブログ」

と調べた。



当時は、Yさんやのりたまさん、ロンブーさんのブログが出て来たと思う。





書いてある内容が、やけに生々しい。


妙に信憑性が高い。本当っぽい。



俺が欲しかった情報が、そこにはあった。



人は知らないものに対して、人がつけた評価や体験が気になるのだ。情報が欲しくなるのだ。
アマゾンのレビューや、食べログのレビューを見たことない人は少ないと思う。



俺は、ブログを夢中で読んだ。


派生していき、どうやらTwitterでも情報収集できるらしいと掴んだ。



俺はすぐにもう1つ、ナンパ用のツイッター
アカウントをつくった。

実は、とあるナんパ師に、
「クラスタに入れて下さい!!これって誰でも入れるんですか!?!?」


と、わけのわからないことを送っていた。クラスタがなにかのコミュニティだと思っていたのだ。






そう、俺はナんパに対して、本気で取り組んでなかったのだ。


掲示板を見て、「いいなぁ」と感じるだけの、行動力ない人間。



自分を変えてみようと思った。



俺は電車に乗り、Uへと向かった。




当時はクラブもいっていた。ナんパ=クラブのイメージがあった。結果は全く出ていなかったが。




電車を降り、Uという名の街、人がくそほどいるこの街の景色が違ってみえた。



とりあえず、ここで何人かに話しかけて、クラブにいけばいいや。そう思っていた。



8時くらいに街についただろうか、さっそく声をかけた。




ーーここから、俺はナんパ道という名の、終わらない螺旋階段の一歩を踏み出したのだ。





歩道橋にて。2声かけ目だろうか。

御堂筋「あの、コーヒー飲みにいきませんか?」

とオープン。飲みにいきませんか?では、なんだかチャラくて拒否られるような気がしたからだ。

女の子「ごめんなさい、これから予定あって、そのあとクラブにいくの!」

(お、ラッキー、バンゲしてクラブで会おうとと!) 

このマインドは、今から考えるとダメです。絶対にゲットできません。どうせならクラブ出て来てからのブーメランに期待しましょう。

御堂筋「じゃ、俺も後でクラブいくし、連絡先交換しよ!」

でバンゲ。粘った。


なんか調子いいやんけ!


3声かけ目

御堂筋「あの、すみません……」



ガンシカ。


4声かけ目

御堂筋「あの……すみません!!」







ガンシカ。




ま、当然だろう。とにかく声かけなきゃいけないなとは思ってた。


5声かけ目


きれいなお姉さんだった。


御「あの、すみません。よかったら、コーヒー飲みにいきませんか??」

ね「えーー、ナんパですかぁーー??(甘い声)」

御「えと、、、ナンパです!!お姉さんがキレイだなって思って!コーヒーでもどうかなと思って声かけました!!」

ね「えーーー」

御「いやほら!居酒屋とかじゃなく、コーヒーやん!チャラくないやつ!一杯だけ一緒に飲んでよ、奢るしさ」





そんなこんなで、コーヒー屋in。





お姉さんは、とてもキレイな年上だった。


おそらく、ナんパされたことが嬉しかったのだろうか。オープンはした。



えー、ナンパですか?


なんてのは、今まで結構声かけきたが、この一回しかない。


しかも5声かけしかしてない。ぶっちゃけラッキーだった。


御「……ってのが俺の自己紹介。てか何歳??」


ね「えー、何歳に見えるー??」


御「(ぶっちゃけ31~32くらいだが)んー、26とか?」


ね「それはちゃっと言い過ぎかな。で、ほんとは何歳に見えるー??」


御「えと。。。30。。。?」


ね「(ちょっと間が空いて)そーー!30ーー!」


こいつ、30じゃねーな。まいいか


ね「てか、こんな私と一緒にいても面白くないでしょ?他の子探しなよーー」


御「そんなことないよ!めっちゃ顔タイプだし、キレイだから声かけたんだよ!お姉さんがいい。」



やばい。興味あるアピールせな。


御「お姉さんは、仕事何してんの??」


ね「私は事務だよー。さっきも会社の飲み会だったんだ。ミド君は?」


御「俺は営業だよ!」


ね 「え?まさか、ヤミ金の営業じゃないよね??」


御「まさか。てかヤミ金てなんやねんwww」


ね「ならいいけど……」


御「?」


そんなこんなで、恋愛トークへ


御「てか彼氏いないの?」


ね「今はいないけど」


御「けど?w」


ね「……」


御「どしたん?」


ね「今、元カレに付きまとわれてるんだ」


御「え?ストーカーってこと?」


ね「そこまでじゃないけど……その元カレが、ヤ3金で働いてたんだよね」


あ、だから過敏に反応してたのか


ね「で、アプリに、今どこにいるかわかるアプリ入れられてるの」


御「……それやばいやつやん」


ね「そーなの。だからここにいることもばれてるの。」



マジか。元カレはマジでやばいらしい。



ね「な、なーんて、うそうそ♪」


御「と、とにかく出よっか」


っていうことでコーヒー屋out。


流れで電車に乗り、何駅か先の10の街へ


Uに長くいると、普段の行動範囲じゃないからやばいらしいとのこと。こわっ。



途中、「帰るなら今だよ」と何回も言われた。





ぶっちゃけびびってたが、ここまで来たからには、引きさがるわけにはいかなかった。


10の街に着き、居酒屋へ



ディープな彼氏を聞くことに。


・ヤ3金の人
・元カレ
・半ストーカー 
・普段の行動把握してる
・毎朝4-5時に家にくる
・ドラゴンレーダーみたいなアプリをインストールされてて、どこにいるかすぐばれるそう
・少し怖がってる





聞けば聞くほどやべーーじゃねーーか。



御「……じゃ、カラオケにいくのも微妙なんだね」


ね「そうだね。。。」


御「お姉さんの家なら、大丈夫だよね?」


ね「そりゃそうだけど……」


御「すみませーーん!お会計お願いします!」



…そう。ヨネスケすることにした。


俺は4時に元カレがくるのをびびりながら、家にinした。



手は繋いで、家まで歩いた。











in












家は広かった。一人暮らしのそれとは思えないくらい。


めっちゃ居心地がよかった。


色んな感情が、俺の中に流れてきた。


元カレの恐怖、家についたという安堵、お姉さんと家から香り駆り立てられる欲望、好奇心。初めてストで即れるという歓喜、実はお姉さんもヤ3なんじゃねーかっつー警戒心、etc



その感情を、ソファーの上でぶつけた。


まだはやい、シャワー入ってからねって言われた。



お姉さんに、先にシャワー浴びてもらった。



その間、暇なので本棚チェックすることに。色んな本がおいてある。。。でもヤ3関係のその感じはしなかった。



お姉さんがでてきて、続いて俺がシャワーに。



前にツイッターに、財布から金パクられたっていうのが流れてみてたのもあって、俺は不自然にカバンをシャワールームに持っていった。


「何にもとらないよー」と言われた。俺が警戒心MAXでびびったのがばれてるのだ。



この、カバンをシャワールームに近づけるのは正解だと思っている。慣れるまでは、女の子は完全に信用してはならない。即なんて特にそうだ。


俺が足りなかったのは、スマートさ。ポケットに財布だけ入れて、シャワー室にいけばよかったのだ。


そこからは、もちろんノーグタ。



「私、Sだよ?」とかソファーで言ってたくせに、いざベッドだと反対になるお姉さん。


ベッドもなんだが居心地がよかった。


最中に、顔をべたべた触られたのだが、それもなんだが居心地がよかった。



コーヒー屋で聞いたとき、せい欲強いって言ってたっけ。


俺は一カイで満足してしまった。



しかも、4時にくるかもしれない彼氏にびびって、俺は午前2時に家を出た。



どうやって帰っていいかもわからず、俺はGooglemap片手にUまで一時間近く歩いた。



途中で会ったホストが、人生で一番歩くスピード早かったかもしれない。



おかわりしたかったが、その日はこなかった。当然だ。



結局、元カレはこなかったらしい。





こうして俺はナんパ師としての道を歩み始めた。








0コメント

  • 1000 / 1000

御堂筋くぅんの【勝利】ブログ

全てに勝利し、僕は翔ぶんやよ